包茎手術で来院する前に比較すべきポイント

包茎手術の方法をしっかり比較しよう

包茎手術で来院する前にしっかりと比較・チェックをしておきたいのは、包茎手術の方法です。包茎手術といっても色々な方法があり、各方法によって手術のクオリティ・完成度が変わってきます。

手術法には大きく分けて、環状切開法と亀頭直下埋没法があります。クリニックによって呼び方が変わったりすることもありますが、たいていこのどちらかであることが多いです。おすすめなのは亀頭直下埋没法でしょう。なぜなら、傷痕が亀頭の直下にくるためあまり目立たないからです。

一方の環状切開法は、傷痕がけっこう目立ってしまうので包茎手術を受けた事がバレてしまいやすいというデメリットがあります。真性包茎の場合は保険が使えますが、保険でできる包茎手術はこの環状切開法になります。

料金はとても安くなりますが手術の出来栄えはいまいちなので、傷痕を残したくないなら多少費用はかかっても亀頭直下埋没法を選択した方がいいかもしれません。

包茎手術の料金をしっかり比較しておこう

包茎手術でクリニックに来院する前にしっかりと比較検討しておきたいのが料金です。料金を比較検討する際に注意したいのが、包茎手術は安ければいいというものではないということです。

仮性包茎などの手術では保険が適用されないので費用はかなり高くなりますから、なるべく費用を抑えたいと考えて安いクリニックに行きたくなる気持ちは分かります。

ただし、一般の料金水準よりも著しく安いような場合は、何か裏があると疑ってかかった方がいいかもしれません。例えば、広告で安い料金を表示して集客し、カウンセリングに来た客に高い手術を勧めて儲けるというあこぎな事をしているクリニックがあります。

こういうクリニックに行くと、ヒアルロン酸注入など無駄な治療も勧められて、治療費が高くなってしまう危険があります。包茎手術の一般的な料金水準は、だいたい20万円くらいだと思っておいた方がいいでしょう。10万円を切るようなところは、何か裏があるかもしれません。

まとめ

包茎手術を受ける際は、事前にいくつかのクリニックを比較検討しておくことが望ましいです。比較検討をすることで色々なことが分かってきて、包茎手術で失敗するリスクを減らすことができるでしょう。最低限押さえて置きたいのが、まずは包茎手術の方法です。環状切開法なのか、それとも亀頭直下埋没法なのかなどをしっかりと確認しておくべきです。また、包茎手術の料金に関しても事前によく比較検討しておきたいところです。料金を見る場合は、適正な料金なのかという基準で見ていくのが望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です