包茎手術前後での勃起の違いを比較

包茎手術前は刺激が少ないことが多い

包茎の状態は亀頭が包皮に保護されているため、外部からの刺激を得ることが少ないので勃起時に十分な状態となることができないと考えられます。

従って比較的その大きさはあまり太くはならないと考えられており、さらに普段でもこのような状態となることが少ないため、勃起をする機会がないと考えられる面もあります。そのため比較して増大することがないと言うことになるのです。

包茎手術を行うと亀頭が常に露出しているようになるため、当初は普段でも刺激を受けることで勃起しやすくなる傾向があると言われており、この刺激を繰り返すことで増大に必要な血流の流入などがしやすくなることから、包茎手術を行う前に比べて勃起力が大きくなることになるのです。

手術前に比較して術後の方が勃起力が増す傾向が強く、その効果が非常に大きいと考えられています。これにより包茎手術を行う前に比較して大きくなったと言うケースが多いのです。

包茎手術で陰茎に対する血流の流れが良くなる

包茎手術を行った後で勃起力が大きくなる理由は、亀頭が常に露出すると言う効果もありますが、その他にも真性包茎やカントン包茎の場合には血流が遮られていることで十分な動きができなかったものが、これが解放されることでより多くの血液が流入し以前に比較して勃起することがわかっています。

勃起は刺激が与えられることで陰茎に血液が流入することによる現象ですが、これが包茎手術を行う前に比較して血液の流入量が増大するために、より陰茎が勃起することになります。

また仮性包茎の場合でも、本人に自覚症状がなくても従来の勃起時で締め付け感があるなどといった場合には、包茎手術を行うことで従来に比較して勃起力が増大し、包茎手術を行う前に比べ太くなることが少なくありません。

血液の流入量は人によって異なりますが、包茎の場合には物理的にこれが妨げられているため、これを解放することによる効果が非常に大きいのです。

まとめ

包茎手術を行う前と行った後を比較すると、勃起時の大きさが明らかに違うと言うケースが少なくありません。これは亀頭が露出するために刺激を多く受けるとともに、血流を下げる包皮が除去されることでより大きくなる要素が加わることによるものです。さらに亀頭が刺激に対して強くなるため、従来に比べて性行為を行っている際により長い時間持続することができるようになるという効果があります。そのため、様々な面で高い効果が期待できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です