包茎手術にリスクはある?手術方法別の特徴を紹介

男性であれば自分が包茎かどうか悩んだことがあるかもしれません。
日本人男性の約7割が悩むと言われています。
包茎は自力で治すことができますが、なかには手術が必要になることもあります。
真性包茎・仮性包茎・カントン包茎の3種類があり、軽度の包茎であれば包茎手術の必要がない場合も。
自分に合った包茎手術は何があるのか、それぞれの特徴を理解し比較して決めて下さい。
手術をするにあたってリスクも必ずあります。
手術が必要ないのであれば、まずは自力で治すことを考えましょう。
複数ある包茎手術を比較するだけでなく、コスト・医療機関・医師の実績等も考えましょう。

包茎の種類によっては手術が必要ないことも

真性包茎・仮性包茎・カントン包茎があります。
真性包茎は正常時も勃起時も亀頭部分に皮が被っている状態を指します。
勃起時に皮を剥こうとしても剥けません。
剥こうとすれば痛みが生じ、垢やカスが溜まりやすくなり感染症のリスクが高くなります。
自力で治そうとすると傷みを伴うため、病院での治療をお勧めします。
仮性包茎は正常時は亀頭に皮が被っていますが、勃起時には皮が剥けます。
勃起時に自然に皮が剥けるもの、自分の手で剥くものの両法が含まれます。
この場合は自力で治せることが多いため、基本的には手術はお勧めしません。
カントン包茎は普段は亀頭を露出させることができますが、勃起時に露出すれば痛みが生じ亀頭が締め付けられるような違和感があります。
真性包茎である、仮性包茎でも自力での解決が難しい方、カントン包茎だという方は手術を検討して下さい。
軽度であれば自力で治すことが可能です。
らにトレーニング・ペニス増大サプリを活用することで改善が期待できます。
種類、軽度か重度かを見極めて下さい。
他にも方法があることを考え調べてみましょう。
それでも自分に手術が必要だと考えた方は、それぞれの手術法の特徴を調べ比較してから決めましょう。

仮性包茎に悩む方向けの包茎手術

包茎手術は複数の方法があります。
まずはペニス増大手術・ナチュラルピーリング法・根本部固定法がありますが、こちらは仮性包茎に悩んでいる方向けの手術です。
ペニス増大手術は包茎を改善する手術ではありません。
亀頭にヒアルロン酸や充てん剤を注入します。亀頭を含めペニスに異物を入れる行為はリスクが高いと言われています。
壊死の可能性、亀頭がいびつになり、そもそも包茎は改善しません。
ただし亀頭が大きくなり皮が剥けやすくなります。
ナチュラルピーリング法は美容整形の技術を応用したものです。
皮を剥いた状態で糸で固定し剥き癖をつけます。
手軽な方法ではありますが剥き癖がつかないというリスクも存在します。
根本部固定法は包皮を切らない包茎手術。包皮を剥いて亀頭を露出させ包皮を根元で接着剤で固定します。
接着剤は医療用のものを使うため皮膚への影響はありません。
縫合する必要がないので身体への影響も軽くすむでしょう。
剥き癖がつくかどうかもわかりません。
仮性包茎で悩む方向けの手術を紹介しましたが、なかにはリスクを伴うものもあります。
手術後に腫れや痛み等がなく、結果的に包茎が治れば問題ありませんが、包茎手術を受けても改善しないこともあります。

もっともポピュラーな包茎手術

包茎手術の中でも、環状切開法・亀頭下環状切開法が泌尿器科の医師に勧められるポピュラーな方法です。
環状切開法は泌尿器科の医学書にも載っている、良く知られた手術方法です。
包茎の原因となる包皮を直接切除します。包茎が改善できるだけでなくリスクが低いのも特徴です。
ただし、治療としての側面が強いため、見た目を損なってしまいます。
具体的には手術後ツートンカラーになる可能性があります。
時が経てばツートンカラーも改善しますが、数年は我慢しなければなりません。
見た目にもこだわりたい方には亀頭下環状切開法がお勧めです。
ツートンカラーや手術後の腫れを最小限に抑えることができます。
包茎手術には実際にあるもののリスクが高いものもあります。
亀頭直下法は傷跡がケロイドになり、性感が落ち包皮小帯が無くなることもあります。
後遺症を患う方も少なくありません。
包茎手術をしたことがない医師でもできる包茎手術、クランプ法はケロイドになる恐れがあります。
バックカット法・背面切開法も共にリスクのある包茎手術です。
手術法は医療機関によって様々ですが、治療法だけでなく信頼できる医師を選ぶ必要があります。
手術を受けるにあたって事前にカウンセリングを受けるなど準備をしましょう。

まとめ

包茎にも種類があり、さらに包茎の種類・程度によって手術が必要がどうかも変わってきます。
本気で包茎に悩んでいる方には、環状切開法・亀頭下環状切開法を最もポピュラーな方法として勧められています。
治療のみで費用を抑えたいか、美容面も意識して治療を受けたいかもポイントでしょう。
手術にリスクはつきもの。その中でもリスクを最小限にし、自分に合った手術法を選べるよう比較検討しましょう。
現在手術が必要なくても、痛みが強い場合は手術も選択肢に入ってきます。
医療機関・医師を選ぶ際にも比較検討を忘れず、カウンセリングは必ず受けましょう。